顧問弁護士活用事例

社会保険労務士様に顧問契約をご締結いただいた場合の当事務所の活用事例をご紹介いたします(プライバシー保護のため、活用事例は一部抽象化していることをご了承ください)

なお、その他多数の事例もございます。こちらをご覧ください。

>>顧問弁護士活用事例

 

【活用事例①】

顧問先様から労働条件の見直しを相談されたが法的リスクはないか

相談内容

社会保険労務士様が関与する顧問先様から、労働条件の見直しについてご相談がありました。

社会保険労務士様としては労働条件の見直しを行っても問題はないと思っているものの、本当に変更しても法的リスクはないか確認したいと思い、当事務所にご相談をいただきました。

回答内容

当事務所でご相談をうかがい、顧問先様の従前の労働条件と比較した上で、新たな労働条件の見直しが不利益変更に該当するかどうかのリスクチェックを行いました。

また、法的リスクを回避するための具体的な手順についてアドバイスさせていただきました。

当事務所からのコメント

今回は当事務所が社会保険労務士様のサポート役として対応させていただきました。

今回のように、法的リスクが起こり得る変更や判断を行う場合には、第三者の専門家のアドバイスを受けたいということは少なくないかと思います。

このように、当事務所と顧問契約をご締結いただいた社会保険労務士様には、具体的な判断についてのアドバイスをさせていただくことも可能となります。

 

【活用事例②】

社会保険労務士様用の契約書の作成・チェック

相談内容

社会保険労務士事務所様ご自身が関与する契約書の内容に問題がないかどうかチェックしてほしいというご相談がありました。

また、これまでに特に規定していなかった契約関係を新たに設定する必要が生じたことから、契約書を作成してほしいというご相談もありました。

回答内容

当事務所でご相談をうかがい、社会保険労務士様のご要望に沿った既存の契約書のチェックのほか、契約書の作成を行いました。

当事務所からのコメント

顧問契約をご締結いただいた社会保険労務士様には、その顧問先様や従業員様へのサポートはもちろん、顧問契約をご締結いただいた社会保険労務士様ご自身のためにもサポートさせていただきます。

顧問契約をご締結いただいた社会保険労務士様には、契約書チェックや作成サービスをさせていただきます(但し顧問契約の種類によってサポート内容が異なる点はご留意ください)。

 

【活用事例③】

顧問先様の労務トラブル相談

相談内容

社会保険労務士様が、関与する顧問先様から、従業員から高額の残業代請求を受けてしまったものの、すでに従業員に弁護士が選任されているためにどう対応したらよいか分からないという相談を寄せられました。

すでに従業員には弁護士が選任されていることもあり、どのように対応したら良いかが分からず、当事務所にご相談をいただきました。

回答内容

当事務所では、具体的な対応方針を検討するために、まず顧問先様に当事務所までご相談にお越しいただくようお願いいたしました。

また、当事務所にお越しいただく前に、慌てて従業員の弁護士に回答しないようくれぐれもご注意いただくようアドバイスしました。

その後、社会保険労務士様もご同席いただいた上で顧問先様からお話を伺い、当事務所が顧問先様の代理人として従業員との交渉を対応いたしました。

当事務所からのコメント

社会保険労務士様は、顧問先様の平常時の業務を円滑に遂行することのサポートに主眼がありますが、わたしたちは企業様がトラブルに巻き込まれた場合に適切に解決することに主眼があります。

今回のように、残業代請求をされた上、さらには弁護士も代理人として選任されているケースでは、紛争性が高まっているため、容易には解決できないことが予想されます。

社会保険労務士様が当事務所と顧問契約をご締結いただいている場合には、顧問先様からのご相談も無料でご対応させていただきます。

その後、顧問先様が当事務所に代理人としての活動をご依頼される場合には顧問先様と個別に有料の委任契約を締結させていただくことになりますが、まずはどのような対応が必要かの見極めを行うことが可能となります。

 

 
顧問契約のご案内
 

ページの上部へ戻る