Case Study

顧問弁護士の活用事例

業種 建設業
お困りの問題 不動産
不動産関連紛争

相談企業は、社宅を賃貸していたところ、オーナーから賃貸借契約の解除を申し入れられたため、賃貸借契約の更新や会社についてどの様に対応すべきか悩んでいました。

【相談後】

  1. 賃貸借契約を解除する理由があるかどうかを検討するために、賃貸借契約書をチェックしました。
  2. 賃貸借契約書を確認したところ、解除事由には該当しないものと考えられました。

【担当弁護士からのコメント】

  1. 賃貸借契約は、民法のほか借地借家法による規制を受けることが考えられます。
  2. 賃貸借契約の法的効力を検討する場合には、これらの法規制を検討する必要があります。
  3. また賃貸借契約においては、賃貸借契約書の記載が重要な意味を持つことになります。したがって賃貸借契約書の解除などが問題となっている場合には、必ず賃貸借契約書を確認するようにしましょう。
  4. オーナーと賃貸借契約の更新などについて交渉する場合には、賃貸借契約書などをチェックし、解除等が認められるかどうかという点について見通しが立ててから臨むようにすべきでしょう。
  5. 一般的に、賃貸借契約においては、賃借人の立場が保護されると言われていますが、例外的な条項が賃貸借契約書に設定されていないかどうか等チェックするようにしましょう。

Contact

企業法務に精通した弁護士が、貴社の経営を
強力サポート!
まずはご相談ください。

初回相談 無料
長瀬総合法律事務所のスタッフ