Case Study

顧問弁護士の活用事例

不動産会社 各種契約書チェック
業種 不動産会社
お困りの問題 各種契約書チェック

相談前

不動産会社では、不動産の売買や賃貸のほか、管理業務なども扱っていますが、いずれも複数の法令によって規制されており、複雑な取引といえます。

今回も、顧問先企業様である不動産会社が不動産の売買や賃貸等に関する契約書のチェックを求めて、当事務所にご相談に来られました。

相談後

当事務所で各種契約書の内容をチェックさせていただき、法令や判例法理に違反していないかどうかを検討しました。

また、法令や判例法理に違反していないとしても、顧問先企業様にとってより有利な修正が可能できるかどうかもあわせてチェックいたしました。

所感

契約書のリーガルチェックを実施しております

不動産の賃貸・売買等は、契約類型でも特に慎重な対応が求められる分野といえます。このような契約類型では、弁護士によるリーガルチェックを行うことが望ましいといえます。

当事務所では、顧問契約を締結いただくことで、顧問サービスの一環として契約書チェックを実施しております。契約書へのリーガルチェックを行う体制を構築するためにも、顧問契約の締結をご検討ください。

WRITER
弁護士 長瀬 佑志

弁護士 長瀬 佑志

弁護士法人長瀬総合法律事務所、代表弁護士。茨城県弁護士会所属。100社超の企業と顧問契約を締結し、労務管理、債権管理、情報管理、会社管理等、企業法務案件を扱っている。著書『企業法務のための初動対応の実務』(共著)、『若手弁護士のための初動対応の実務』(単著)、『若手弁護士のための民事弁護 初動対応の実務』(共著)、『現役法務と顧問弁護士が書いた契約実務ハンドブック』(共著)、『現役法務と顧問弁護士が実践しているビジネス契約書の読み方・書き方・直し方』(共著)ほか

Contact

企業法務に精通した弁護士が、貴社の経営を
強力サポート!
まずはご相談ください。

初回相談 無料
長瀬総合法律事務所のスタッフ