【事務所コラム】Fintechと金融法 SEC調査報告書の衝撃

2017-10-11

「事務所コラム」へ、新たな項目を追加いたしました!

今回は、以前より何度かコラムをご紹介している「Fintechと金融法」シリーズです。

昨今、ますます沸騰する仮想通貨への投機熱の中、2017年7月25日、米証券取引等監視委員会(SEC)は、イーサリアム上のプロジェクト「The DAO」で発行された仮想通貨(DAOトークン)について、米国証券法上の「証券」に該当する旨の調査報告書を発行し、大きな衝撃をもたらしました。

ICOは「証券」に該当するのか、しないのか?
SECより投資家へ発出された注意喚起文・ICOに対する規制動向とともに、紐解いていきます。

Fintechと金融法 SEC調査報告書の衝撃

 


事務所コラムでは、随時、注目すべき情報を、当事務所の弁護士による詳しい解説を交え掲載しております。
また、こちらで掲載の情報は、当事務所発行の「NS News Letter」内でもご覧いただくことができます。
バックナンバーのお問い合わせにつきましては、下記ニュースレターページをご覧ください。

▶ 事務所コラムページ
ニュースレターページ(総合サイト)