活用事例18:運転関係会社 契約書作成

お問い合わせ業種

運転関係会社

お問い合わせ内容

契約書作成

相談前

顧問先企業様では、多数の方が運転者として働いていますが、契約関係を明確にするために改めて運転者との間で契約書を取り交わすことを検討していました。

そこで、顧問弁護士である当事務所へ、契約書の作成をご相談されました。

相談後

当事務所でご相談をうかがい、顧問先企業様のニーズがどこにあるのかを整理しました。

そして、顧問先企業様のニーズが実現できるよう、まず運転代行者との間の契約形態をどのような法的関係とするのかを整理した上で、個別のケースに対応できるよう各条項を整理していきました。

顧問先企業様と何度も打ち合わせを重ねたことで、最終的に顧問先企業様のニーズに適った契約書を完成させることができました。

所感

会社の経営に関わる契約を行う場合には、顧問弁護士へ相談を

印鑑と書類本件では、顧問先企業様と運転者との間の契約関係を整理する契約書の作成を依頼されました。

このような契約形態は、インターネットや一般の書籍でも、定型書式が出回っているかもしれません。

もっとも、定型書式を利用した場合、必ずしも会社側にとって有利な内容で各条項が規定されているとは限りません。

また、最新の法令変更や判例法理に対応していないこともありえます。

特に会社の経営の根幹に関わるような契約を行う場合には、少なくとも弁護士に事前に相談しておくことが無難といえます。

さらにできれば、弁護士のチェックを受けて契約書を修正・作成していくことが望ましいといえます。

今回、顧問弁護士として関与することで、継続的にご相談をうかがい、最終的に顧問先企業様のニーズに適った契約書が完成できました

顧問先企業様に対しては、継続的な支援が可能となりますので、ぜひ積極的に顧問弁護士の利用をご検討ください。

お問い合わせ

 
顧問契約のご案内
 

ページの上部へ戻る